気になることあれこれ

Sunday, December 04, 2005

現在わかっている金額

私が掛かっている医者はDr Prabhalaというインド系の女医さんです。 彼女を選んだのは、女医が良かったのと、家の近くのSydney Adventist Hospital(通称SAN)で産みたかったので、SANの女医さん、ということで。 SANでは女医さんが彼女一人だそう。 評判がいいらしく、時期 によっては予約を取るのが大変らしい。 

余談だが、シドニーでは9月、10月の出産が多く、それに関わる時期には忙しい、ということらしい(12月、1月のクリスマス、ニューイヤー・ホリディ・ベイビー)。

さて、金額は、

初診
120ドル(既に別の内容で同じ医者に掛かっていても、妊娠となるとまたGPからの紹介状が必要で、初診扱いになる)

その後毎回50ドル

そして、前に書いた「20週以降の妊娠と出産の計画と管理費」として2050ドル、が妊娠中。

出産時には自然分娩で、医者の費用が961.95ドル
麻酔を受ける場合は麻酔の内容と麻酔医によりさらに200-400ドルくらいかかるらしい。 

病 院(SAN)はMBFのネットワーク・ホスピタルというカテゴリーに入り、入院費は持ち出しゼロ、なので、出産時に掛かる金額はほぼ  上記の961.95+300(200~400の間を取って)ドルくらい、の予定。 

この1261.95ドルのうち461.95ドル+アルファ(麻酔の内容による)は保険から戻ってくる予定

でもこれはあくまでも「予定」で、帝王切開になったり、他になにか処置が必要な出産になった場合には、それに応じて費用が加算されることになっている。

私 の保険でカバーされるのは、40週後に産まれるとして、概算で、妊娠中は120ドル+50x12(各月1回計6回、+34、36、37、38、39、 40週の6回)の720ドル。 そのうち、保険会社が払い戻す金額は初診60ドル、それ以降26.75ドルなので、338ドルが持ち出し。 それに「20 週以降の~」の2050ドルのうち、 上記の診療回数から10回分請求できるとして1125ドル戻ってきて、持ち出し925ドル

出産時にカバーされるのは自然分娩の場合、上記の通り461.95ドルなので持ち出し338+925+461.95=1725ドルの予定。

日 本より安そうですよね。 実際、私立病院の待遇はとっても良いらしく
(友人が出産の際に行って自分で見た感想&友人の感想)この金額で5泊できるならラッキー、といったところ。 次回はその待遇のよさの一例を挙げますね(まだ泊まってないんで、この内容は友人からの受け売りと持っているSANのパン フから)。

 

1 Comments:

  • 初カキコで~す。

    遊びにきました!


    赤ちゃん楽しみですね^^ 

    妊婦さんはあんまりストレス溜めないようにね。

    リンク貼ってもいいですか?

    By Blogger はな, at 10:34 PM  

Post a Comment

<< Home